研究業績

[ in English ]

研究論文 (査読有)

  1. 高田良介, 後藤田中, 藤本 憲市, 村井 礼, 林敏浩,  上之薗 和宏, 三好 匠, 八重樫理人: 講義コンテンツメタデータを用いた講義コンテンツ視聴システムの開発, 教育メディア研究(採録済).
  2. Hiroshi Murai, Toshihiro Hayashi, Rihito Yaegashi, Ken’ichi Fujimoto and Naka Gotoda: “A Study of Estimation of Learners’ Understanding on Intellectual Property using Categorized Questions”, International Journal of Computing, Communication
    and Instrumentation Engineering, Vol.3, No.2, pp.342-345, Jul 2016.
  3. Ken’ichi Fujimoto, Hiroshi Murai, Toshihiro Hayashi, Naka Gotoda and Rihito Yaegashi: “Drawing System of Students for Inter-University Course with Limited Number of Enrollments”, International Journal of Computing, Communication
    and Instrumentation Engineering, Vol.3, No.2, pp.346-348, Jul 2016.
  4. Hiroshi Murai, Toshihiro Hayashi, Rihito Yaegashi, Ken’ichi Fujimoto and Naka Gotoda: “A Study of Classification of Quizzes on Intellectual-Property Education”, International Journal of Computing, Communication and Instrumentation Engineering, pp.123-124, Feb 2016.
  5. 後藤田中, 松浦健二, 田中俊夫: “動きに基づき仮想の協走者を提供するウェアラブルシステム”, 教育システム情報学会論文誌, Vol.31, No.1, pp.28-37, 2014年1月.
  6. 後藤田中, 松浦健二, 大塚真二, 田中俊夫, 矢野米雄: “ランニングの自己ペース調整を支援するWeb訓練システム”, 教育システム情報学会論文誌, Vol.29, No.3, pp.152-164, 2012年7月.
  7. Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Shjinji Otsuka, Toshio Tanaka and Yoneo Yano: “Remote Coaching System for Runner’s Form with Wearable Wireless Sensor”, International Journal of Mobile Learning and Organisation, Vol.5, Nos.3-4, pp.282-298, Nov 2011.
  8. 後藤田中, 松浦健二, 鍋島豊晶, 金西計英, 矢野米雄: “SNS上でのナワトビスキルの学習者を対象とする個別記事閲覧とその全体像俯瞰の支援”, 日本教育工学会論文誌, Vol.34, No.3, pp.269-277, 2010年12月.
  9. Luis Inostroza Cueva, Masao Murota, Toshihiro Hayashi, Hiroyuki Mitsuhara, Naka Gotoda and Yoneo Yano: “The LV Approach, a Revolutionary Approach to the Study of Kanji: First use of the Learner’s Visual Cognition in a Kanji-Learning Support System”, Educational Technology Research, Vol.33, Nos.1-2, pp.1-10, Nov 2010.
  10. Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Takuji Hirano, Toshio Tanaka and Yoneo Yano: “Supporting Real-time Awareness for the Community of Runners”, International Journal of Knowledge and Web Intelligence, Vol.1, Nos.3-4, pp.289-303, Jul 2010.
  11. 後藤田中, 松浦健二, 大塚真二, 鍋島豊晶, 金西計英, 矢野米雄:“仮想的に訓練集団を構成することによるジョギング支援サイト”, 電子情報通信学会論文誌(D), Vol.J93-D, No.7, pp.1144-1153, 2010年7月.
  12. Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Keiji Niki, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano : “Supporting multi-step annotation to promote reflective learning: triggered by a cell-phone”, International Journal of Mobile Learning and Organization, Vol.2, No.2, pp.119-132, Jul 2008.
  13. 後藤田中, 松浦健二, 金西計英, 矢野米雄:“運動ログを用いたジョギングコミュニティ組織化支援”, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.10, No.2, pp.19-29, 2008年5月.
  14. 松浦健二, 仁木啓司, 後藤田中, 金西計英, 矢野米雄:“スライド教材の編集課題による教育・学習支援環境の試作”, 電子情報信学会論文誌(D), Vol.J91-D, No.2, pp.259-268, 2008年2月.

国際会議論文 (査読有)

  1. Takuya Ishioka, Naka Gotoda, Yuji Kobayashi, Kenji Matsuura, Rihito Yaegashi, Toshihiro Hayashi and Stephen Karungaru: “Proposal of Organizing Learning Material with Multiple Perceptions Depending on Preference of Physical Training”, Proceedings of ICESS2016, pp.**-**, Takamatsu, Japan, Nov 2016.
  2. Hiroshi Toyooka, Kenji Matsuura and Naka Gotoda: “A Learning Support System Regarding Motion Trigger for Repetitive Motion Having an Operating Instrument”,  Proceedings of CELDA2016, pp.33-40, Manhheim, Germany, Oct 2016.
  3. Kohta Sugawara, Hiroshi Toyooka, Kenji Matsuura, Stephen Karungaru and Naka Gotoda: “Development of a Gross Motor Skill
    by Combining Primitive Motions in Repetitive Exercise”,  Proceedings of IEEE GCCE2016, pp.488-492, Kyoto, Japan, Oct 2016.
  4. Takuya Ishioka, Naka Gotoda, Yuji Kobayashi, Kenji Matsuura, Rihito Yaegashi, Toshihiro Hayashi and Stephen Karungaru: “Proposal of a Methodology based on Organization of Learning Material including Multiple Perceptions for Knowledge Communication of Physical Training”, Proceedings of Gong Show & Young Researcher Contributions in ICKM2016, Vienna, Austria, Oct 2016.
  5. Hiroshi Murai, Ken’ichi Fujimoto, Toshihiro Hayashi, Naka Gotoda and Rihito Yaegashi: “Intellectual-Property Learning System Supported by SOM Classifier”,  Proceedings of  International Conference on Artificial Intelligence Science and Technology, Jul 2016.
  6. Shinya Yoshioka, Kenji Matsuura and Naka Gotoda: “Hand-motion Analysis for Development of Double-unders Skill”, Proceedings of KES2015, pp.775-783, Bayfront, Singapore, Sep 2015.
  7. Ryo Ooka, Keima Kumano,Takayuki Kunieda, Tetsuya Ikeda, Naka Gotoda, Masanobu Kii, Toshihiro Hayashi and Rihito Yaegashi: “Development of a Presentation System for Tourist Information which Helps the Tourists to Post and Share their Comments”, Proceedings of The Fourth International Conference on Informatics & Applications,  pp. 329-332, Kagawa, Japan, Jul 2015.
  8. Keima Kumano, Ryo Oooka, Naka Gotoda, Masanobu Kii, Toshihiro Hayashi and Rihito Yaegashi: “Development of a Multimedia Share System to Provide Spot-information for Tourists by Location-based Information”, Proceedings of The Fourth International Conference on Informatics & Applications, pp. 333-338, Kagawa, Japan, Jul 2015.
  9. Ryosuke Takata, Naka Gotoda, Hiroshi Murai, Toshihiro Hayashi and Rihito Yaegashi: “Development of the Function which Collects Viewing History in the Support System for Dividing and Viewing Lecture Contents”, Proceedings of The Fourth International Conference on Informatics & Applications, pp. 325-328, Kagawa, Japan, Jul 2015.
  10. Yuji Kobayashi and Naka Gotoda: “Content Management System to Support Improvement in Quality of Fitness Testing of Athletes”, Workshop Proceedings of ICCE2014, pp.805-813, Nara, Japan, Nov 2014.
  11. Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Koji Nakagawa and Chikara Miyaji: “Design of Tennis Training with Shot-timing Feedback based on Trajectory Prediction of Ball”, Workshop Proceedings of ICCE2013, pp.196-201, Bali, Indonesia, Nov 2013.
  12. Shinichi Yamagiwa,  Naka Gotoda and Yuji Yamamoto: “Space Perception by Acoustic Cues Influences Auditory-induced Body Balance Control”, Proceedings of icSPORTS2013, pp.30-40, Vilamoura, Portugal, Sep 2013.
  13. Naka Gotoda, Yoshihisa Sakurai, Kenji Matsuura, Koji Nakagawa and Chikara Miyaji: “A Server-based System Supporting Motor Learning through Real-time and Reflective Learning Activities”, Proceedings of HCII2013, Vol.LNCS 8005, pp.84-93, Las Vegas, USA, Jul 2013.
  14. Keisuke Hamagami, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Naka Gotoda: “Support on Repeating-Skill Development -Modulating from monitored data to a target-”, Workshop Proceedings of ICCE2012, pp.491-498, Nanyang, Singapore, Nov 2012.
  15. Naka Gotoda, Yoshihisa Sakurai, Kenji Matsuura, Koji Nakagawa and Chikara Miyaji: “A Coaching CMS with Wireless Sensors using ANT+ Connectivity Solution”, Workshop Proceedings of ICCE2012, pp.508-515, Nanyang, Singapore, Nov 2012.
  16. Soichiro Takaiwa, Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Kazuhide Kanenishi, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano: “Integrating Electroencephalogram Analysis for Improving Mental Condition in Physical Skill Learning”, Workshop Proceedings of ICCE2011, pp.516-522, ChiangMai, Thailand, Nov 2011.
  17. Masafumi Kosaka, Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Hiroaki Ogata, Toshio Tanaka and Yoneo Yano: “System Design to Improve Running-form with Motion-capture”, Proceedings of ICISS2011, pp.260-264, Guilin, China, Oct 2011.
  18. Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Shinji Otsuka, Toshio Tanaka, Shinichi Yamagiwa and Yoneo Yano: “A Wearable System with Virtual Competitor based on Runner’s Body Motion”, Proceedings of KES2011, Vol.LNAI 6883, pp.21-30, Kaiserslautern, Germany, Sep 2011.
  19. Shinji Otsuka, Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Toshio Tanaka, Kazuhide Kanenishi, Hiroaki Ogata and Yoneo Yano: “Designing the Web-community for Self-managed Training of Runners”, Proceedings of KES2011, Vol.LNAI 6883, pp.529-538, Kaiserslautern, Germany, Sep 2011.
  20. Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Shinji Otsuka, Toshio Tanaka and Yoneo Yano: “Remote Training-Support of  Running Form for Runners with Wireless Sensor”, Proceedings of ICCE2010, pp.417-421, Putrajaya, Malaysia, Nov 2010.
  21. Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Tetsushi Ueta and Yoneo Yano: “Bridging Multiple Motor-Skills in a Community Site”,  Proceedings of KES2010, Vol.LNAI 6279, pp.145-152, Cardiff, UK, Sep 2010.
  22. Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Shinji Otsuka, Toshio Tanaka and Yoneo Yano: “A Web-Community Supporting Self-Management for Runners with Annotation”, Proceedings of KES2010, Vol.LNAI 6277, pp.620-629, Cardiff, UK, Sep 2010.
  23. Kenji Matsuura, Naka Gotoda and Yoneo Yano: “Learning and Competing Rope-Skipping Skills on a Community Site”, Proceedings of ED-MEDIA2010,  pp.3204-3209, Tronto, Canada, Jun 2010.
  24. Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Takuji Hirano, Toyoaki Nabeshima, Kazuhide  Kanenishi and Yoneo Yano:  “Supporting Skill Awareness for Runners through Wireless Sensor Network”, Proceedings of ICCE 2009, pp.618-622, Hong Kong, China, Dec 2009.
  25. Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Shinji Otsuka, Toyoaki Nabeshima and Yoneo Yano: “Supporting Joggers in a Web-Community with Simulation and Annotation Functions”, Workshop Proceedings of ICCE 2009, pp.119-123, Hong Kong, China, Nov 2009.
  26. Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Toyoaki Nabeshima and Yoneo Yano: “Physical Skill Development in a Technology-Enhanced Community Site”, Proceedings of International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age, pp.511-512, Rome, Italy, Nov 2009.
  27. Luis Inostroza Cueva, Masao Murota, Toshihiro Hayashi, Hiroyuki Mitsuhara, Naka Gotoda and Yoneo Yano: “Cognitive Effects of the LV Approach on Kanji Learners: A Novel Approach Using Learner’s Personal Visual Cognition”, Proceedings of 39th ASEE/IEEE Frontiers in Education Conference, pp.496-501 Texas, USA, Oct 19, 2009.
  28. Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano:  “Organizing Online Learning-Community Based on the Real World Log”, Proceedings of KES2007-WIRN2007, Vol.LNAI4694, pp.608-615, Vietri sul Mare, Italy, Sep 2007.
  29. Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Yasuo Miyoshi, Satoshi Terao, Naka Gotoda and Yoneo Yano : “Development of the VLOG-BASED Scenario with Cybercommunities Interest for Experienced Learning”, Proceedings of IADIS International Conference on  Web Based Communities 2007, pp.272-275, Salamanca, Spain, Feb 2007.
  30. Naka Gotoda, Kenji Matsuura, Kazuhide Kanenishi, Niki Keiji and Yoneo Yano:  “Multi-step Annotation to Promote Reflective Learning with a Mobile Phone”, Proceedings of ICCE2006, Vol.1, pp.477-480, Beijing, China, Nov 2006.

年報・紀要・報告書 (査読無)

  1. 秋山圭, 櫻井義久, 山中亮, 後藤田中:“シンスプリント再発予防への提案”, 川原貴(編), 国立スポーツ科学センター スポーツ医・科学研究事業 プロジェクト研究 平成26年度報告書, pp.208-211, 2015年9月.
  2. 後藤田中:“統合システム~ 学認対応への流れと証明書発行の状況 ~”, 香川大学総合情報センター年報, No.11, pp.16-18, 2015年7月.
  3. 秋山圭, 櫻井義久, 後藤田中“シンスプリント発生機序解明への示唆”, 川原貴(編), 国立スポーツ科学センター スポーツ医・科学研究事業 プロジェクト研究 平成25年度報告書, pp.115-116, 2015年3月.
  4. 後藤田中:“音刺激に基づくバイオフィードバックを利用した身体動作誘導システム開発に関する研究”,  中島記念国際交流財団 日本人若手研究者研究助成金 研究成果報告書 平成23~25年度, pp.85-89, 2015年9月.
  5. 宮地力, 田中仁, 後藤田中, 大澤清, 松田有司, 梅村恭司, 江崎修央, 木村広, 吉田和人: “映像・センサーを利用した即時フィードバックシステムの開発”, 独立行政法日本スポーツ振興センター 国立スポーツ科学センター年報2013, pp.42-43, 2014年6月.
  6. 秋山圭, 櫻井義久, 後藤田中, 平野裕一, 福林徹:“ランニング時における足部変形様式の解明に関する研究”, 川原貴(編), 国立スポーツ科学センター スポーツ医・科学研究事業 プロジェクト研究(最終)報告書 平成21~24年度 共同研究報告書, pp.327-328, 2014年1月.
  7. 大澤清, 櫻井義久, 後藤田中, 藤田善哉, 宮地力: “さまざまなスポーツ場面に適した画像による選手の自動追跡アプリケーションの構築”, 2012年度 (財)ミズノスポーツ振興財団 スポーツに関する科学的・学術的・医学的研究に対する助成(国立スポーツ科学センターに対する助成)報告書, pp.1-16, 2013年4月.

解説・紹介 (査読無)

  1. 後藤田中,松浦健二, “特集「最近のウェアラブルデバイスの現状と将来」フィジカルコンピューティングによる健康向上支援の先行的取り組み”, 医療機器学, Vol.84, No.6, pp.645-651, 2014年12月.
  2. 後藤田中, “博士論文特集「センサを用いたランナー訓練コミュニティ環境の研究」”, 人工知能学会論文誌, Vol.26, No.1, p.97, 2011年1月.

共著書

  1. Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Tetsushi Ueta, Yoneo Yano:  Chapter Title “Design of the Community Site for Supporting Multiple Motor-skill Development”, Toyohide Watanabe and Lakhmi C. Jain (Eds.) Innovations in Intelligent Machines – 2: Intelligent Paradigms and Applications, Springer, pp.215-224, Oct 2011.
  2. Hiroaki Ogata, Naka Gotoda, Masayuki Miyata and Yoneo Yano: Chapter Title “Development of Mobile and Ubiquitous Learning Environments”, Nelson Baloian, Wolfram Luther, Dirk Soffker, Yoshiyori Urano (Eds.) Interface and Interaction Design for Learning and Simulation Environments, Logos Verlag Berlin, pp.164-196, Jan 2010.

国内での講演報告(全国大会) (査読無)

  1. Yoshikawa Takehiko, Kenji Matsuura, Stephen Githinji Karungaru and Naka Gotoda : “Skill Learning Support System Focusing on Rhythm Fitting“,
    Journal of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, p.267, Sep. 2016.
  2. 山本貴裕, 後藤田中, 石岡匠也, 國枝孝之, 村田淳, 神代大輔, 小林雄志, 設楽佳世, 松浦健二, 八重樫理人,  林敏浩, 藤本憲市, 村井 礼: “テスト結果に基づき多視点映像再生の注目視点の切り替えを動的に構成するフレームワークの提案”, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, pp.225, 徳島, 2016年9月.
    動的に構成するフレームワークの提案
  3. 豊岡寛旨, 菅原宏太, 松浦健二, ステファン・カルンガル, 後藤田中: “操作機器を有する反復運動における身体制御の学習支援システム”, 教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集, pp.119-120, 栃木, 2016年8月.
  4. 菅原宏太, 豊岡寛旨, 松浦健二, ステファン・カルンガル, 後藤田中: “反復運動スキルを対象とした基本運動の統合化学習支援”, 教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集, pp.117-118, 栃木, 2016年8月.
  5. 高田良介, 後藤田中, 藤本憲市, 村井礼, 林敏浩, 八重樫理人: “講義コンテンツを用いた学習における学生の視聴履歴取得機能の開発”, 教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集, pp.35-36, 栃木, 2016年8月.
  6. 中川晋平, 林敏浩, 後藤田中: “自転車ドライバのための交通安全教育アプリ”ポケットポリス” ‐リアルタイム学習の運用実験‐”, 教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集, pp.231-232, 栃木, 2016年8月.
  7. 林敏浩, 千葉直杜, 後藤田中, 村井礼, 八重樫理人, 垂水浩幸: “作問学習を通した知的教育システムの開発 – 作問誘導による学習支援 -”, 教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集, pp.197-198, 栃木, 2016年8月.
  8. 村井礼, 裏和弘, 末廣紀史, 山下俊昭, 藤本憲市, 後藤田中, 八重樫理人, 最所圭三, 今井慈郎, 林敏浩: “大学連携e-Learningにおけるサーバおよび
    ネットワーク負荷にかかる実践報告”, 教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集,  pp.301-302, 栃木, 2016年8月.
  9. 藤本憲市, 村井礼, 林敏浩, 後藤田中, 八重樫理人: “大学連携e-Learning科目のための履修者決定支援システムの提案”, 教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集,  pp.303-304, 栃木, 2016年8月.
  10. 石岡匠也, 後藤田中, 松浦健二, カルンガル・ステファン, 八重樫理人, 林敏浩: “運動スキル学習のための好みの知覚に基づくフィードバックを用いたトレーニング環境の提案”, 教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集,  pp.281-282, 栃木, 2016年8月.
  11. 山本貴裕, 後藤田中, 石岡匠也, 國枝孝之, 神代大輔, 村田淳, 小林 雄志, 松浦健二, 八重樫理人, 林敏浩: “研修チェック項目を多視点動画収集・同期再生環境に連携させた振り返り支援システム”, 教育システム情報学会第41回全国大会講演論文集,  pp.229-230, 栃木, 2016年8月.
  12. 高田良介, 後藤田中, 村井礼, 林敏浩, 八重樫理人: “講義資料メタデータを用いた講義資料管理システムの提案”,  情報処理学会第78回全国大会講演論文集, pp.635-636, 3ZA-03, 神奈川, 2016年3月.
  13. 熊野圭馬, 宮川怜, 大岡稜, 後藤田中, 紀伊雅敦, 林敏浩, 國枝孝之, 八重樫理人: “観光中に撮影された写真を用いた観光日記作成システムの開発”,  情報処理学会第78回全国大会講演論文集, pp.971-972, 3ZD-02, 神奈川, 2016年3月.
  14. 宮川怜, 大岡稜, 熊野圭馬, 國枝孝之, 池田哲也, 後藤田中, 林敏浩, 八重樫理人: “仮想らくがきインターフェイスを用いた観光者間の観光情報共有システムの提案”,  情報処理学会第78回全国大会講演論文集, pp.977-978, 3ZD-05, 神奈川, 2016年3月.
  15. 大岡稜, 熊野圭馬, 宮川怜, 國枝孝之, 池田哲也, 後藤田中, 林敏浩, 紀伊雅敦, 八重樫理人: “画像認識技術を用いた野外美術館における作品情報提示システムの開発”,  情報処理学会第78回全国大会講演論文集, pp.1043-1044, 7ZD-05, 神奈川, 2016年3月.
  16. 宮地力, 田中仁, 松田有司, 後藤田中, 大澤清, 梅村恭司, 江崎修央, 木村広, 吉田和人: “映像・センサーを利用した即時フィードバックシステムの開発”, 第12回 JISSスポーツ科学会議プログラム・抄録集, p.40, 東京, 2015年12月.
  17. 秋山圭, 櫻井義久, 山中亮, 後藤田中: “シスプリント再発予防への提案”, 第12回 JISSスポーツ科学会議プログラム・抄録集, p.54, 東京, 2015年12月.
  18. 中川晋平, 後藤田中, 林敏浩: “自転車ドライバーのための交通安全教育アプリ“ ポケットポリス ”の設計”, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.238, 高知, 2015年9月.
  19. 岸本卓也, 後藤田中, 林敏浩: “プログラミング学習における連続性のある演習問題の提供”, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.242, 高知, 2015年9月.
  20. 平井裕史, 今井惇平, 中川晋平, 裏和宏, 後藤田中, 八重樫理人, 村井礼, 市野順子, 垂水浩幸, 林敏浩: “投稿型自主学習素材共有システムにおける学習時間を考慮した出題問題数の最大化”, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.273, 高知, 2015年9月.
  21. 今井惇平, 林敏浩, 後藤田中: “知的学習支援システム Active S-Quiz における領域知識ベースの自動生成”, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.274, 高知, 2015年9月.
  22. 宮川怜, 大岡稜, 熊野圭馬, 國枝孝之, 池田哲也, 後藤田中, 林敏浩, 八重樫理人: “仮想らくがきインターフェイスを用いた観光者間の観光情報共有システムの提案”, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.283, 高知, 2015年9月.
  23. 中根博海, 高田良介, 後藤田中, 林敏浩, 八重樫理人: “講義資料メタデータを用いた講義資料閲覧システムの開発”, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.284, 高知, 2015年9月.
  24. 渡辺涼太, 許亮, 高木智彦, 後藤田中, 林敏浩, 八重樫理人: “香川大学型 IT 教卓システムの 操作ログによるユーザ特性の抽出”, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.285, 高知, 2015年9月.
  25. 後藤田中, 赤木亮太, 内田建, 岡原元気, 園本修也, 城所収二: “ストレッチに基づき障害予防を図る姿勢分析システムの事前評価”, 教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集,  pp.39-40, 徳島, 2015年9月.
  26. 林敏浩, 中川晋平, 岸本卓也, 裏和宏, 後藤田中, 藤本憲市, 村井礼, 八重樫理人, 垂水浩幸: “e-Learningコンテンツと作問学習環境を活用する知的教育システムの開発”, 教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集,  pp.337-338, 徳島, 2015年9月.
  27. 三浦智和, 森直樹, 瀧野正和, 後藤田中: “スポーツ映像データベース「SMART edge」の利便性向上のためのアプリケーション開発”, 教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集,  pp.13-14, 徳島, 2015年9月.
  28. 田中仁, 大坂則之, 味吉貴大, 中山勇樹, 後藤田中: “自動追従撮影装置の機能評価”, 教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集, pp.5-6, 徳島, 2015年9月.
  29. 豊岡寛旨, 松浦健二, 後藤田中: “フラフープにおけるスタンスと運動方向の一考察”, 教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集,  pp.183-184, 徳島, 2015年9月.
  30. 吉岡真也,松浦健二,後藤田中: “前一重トビから前二重トビへのスキルアップ支援の試み ”, 教育システム情報学会第40回全国大会講演論文集, pp.125-126, 徳島, 2015年9月.
  31. 小林雄志, 後藤田中, 橋口剛夫: “体育・スポーツ科学教育におけるアクティブラーニングの実践―演習科目『健康運動学基礎演習』におけるPBLの導入”, 第3回大学体育研究フォーラム発表抄録集, p.31, 東京, 2015年2月.
  32. 伊藤浩志, 櫻井義久, 藤田善哉, 大澤清, 後藤田中: “競技スポーツにおけるITサポート”, 第11回 JISSスポーツ科学会議プログラム・抄録集, p.42, 東京, 2014年11月.
  33. 後藤田中, 櫻井義久, 宮地力, 赤木亮太, 内田建, 岡原元気: “スマートデバイスを用いた運動フォーム支援に対するパフォーマンス面からの妥当性検証の提案”, 教育システム情報学会第39回全国大会講演論文集, pp.23-24, 和歌山, 2014年9月.
  34. 小林雄志, 後藤田中: “スポーツ競技者に対するフィットネス測定の質保証-測定スキルの向上を支援するCMSの提案-”, 教育システム情報学会第39回全国大会講演論文集, pp.69-70, 和歌山, 2014年9月.
  35. 乾博文,  松浦健二, 森口博基, 金西計英, 後藤田中, 濵上佳祐, 山田慶太: “身体スキルの分類に基づく学習者別の段階的学習支援環境の構築”, 教育システム情報学会第38回全国大会講演論文集, pp.317-318, 石川, 2013年9月.
  36. 後藤田中, 櫻井義久, 松浦健二, 中川康二, 宮地力: “ストリーミングサービスを用いたコーチング情報共有の手法提案”, 電子情報通信学会2013年総合大会情報・システム講演論文集, Vol.1 pp.182, 岐阜, 2013年3月.
  37. 山際伸一, 後藤田中, 門田浩二: “音フィードバックによる高度な姿勢制御スキル獲得のための学習支援システムの開発”, 第20回 日本運動生理学会大会予稿集, p.52, 茨城, 2012年7月.
  38. 小坂真史, 松浦健二, 後藤田中, 緒方広明, 矢野米雄: “モーションキャプチャを用いたランニングフォーム改善支援”, 教育システム情報学会第36回全国大会講演論文集, pp.70-71, 広島, 2011年8月.
  39. Naoya Kamura, Kenji Matsuura, Naka Gotoda and Yano Yano: “Form-Improvement Supporting System of Rope Jumping with Enhanced Video”, Proceedings of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, pp.324, Ehime, Sep 2010.
  40. 大塚真二, 後藤田中, 松浦健二, 田中俊夫, 矢野米雄: “ランナーの心拍安定化を支援するアウェアネス”, 日本教育工学会第26回全国大会講演論文集, pp.191-192, 愛知, 2010年9月.
  41. 後藤田中, 松浦健二, 平野卓次, 田中俊夫, 矢野米雄: “遠隔ランナーの腕振り観察とそのコーチングを支援するシステム”, 教育システム情報学会第35回全国大会講演論文集, pp.355-356, 北海道, 2010年8月.
  42. Shinji Otsuka, Kenji Matsuura, Naka Gotoda, Kazuhide Kanenishi and Yoneo Yano: “Web-based Jogging Simulation for Sustainable Training”, Proceedings of Shikoku-Section Joint Convention of the Institutes of Electrical and Related Engineers, p.350, Ehime, Sep 2009.
  43. 後藤田中, 大塚真二, 松浦健二, 鍋島豊晶, 金西計英, 矢野米雄: “協調的ランニング訓練コミュニティを支援するアウェアネス環境の構築”, 教育システム情報学会第34回全国大会講演論文集, pp.294-295, 愛知, 2009年8月.
  44. 後藤田中, 平野卓次, 松浦健二, 鍋島豊晶, 金西計英, 矢野米雄: “集団的ランニングにおける能力開発を支援するアウェアネス”, 人工知能学会第23回全国大会講演論文集, 1K1-OS8-4, 香川, 2009年6月.
  45. 平野卓次, 井上将彰, 後藤田中, 松浦健二, 金西計英, 矢野米雄: “リアルタイムジョギング支援システムにおける光・音声・画像によるアウェアネス”, 電子情報通信学会2009年総合大会講演論文集, p.192, 愛媛, 2009年3月.
  46. 後藤田中, 鍋島豊晶, 松浦健二, 金西計英, 矢野米雄: “映像日記を用いた身体知の獲得及び継承支援システム”, 日本教育工学会第24回全国大会講演論文集, pp.423-424, 新潟, 2008年10月.
  47. 井上将彰, 平野卓次, 後藤田中, 松浦健二, 金西計英, 矢野米雄: “リアルタイムジョギング支援システムにおける環境・動作情報モニタリング機構”, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.354, 徳島, 2008年9月.
  48. 平野卓次, 井上将彰, 後藤田中, 松浦健二, 金西計英, 矢野米雄: “リアルタイムジョギング支援システムにおける音声・画像によるアウェアネス機構”, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集, p.353, 徳島, 2008年9月.
  49. 後藤田中, 松浦健二, 金西計英, 仁木啓司, 矢野米雄: “実世界ログを用いたSNSコミュニティ構築手法の提案”, 電子情報通信学会2007年総合大会講演論文集, p.160, 愛知, 2007年3月.
  50. 後藤田中, 松浦健二, 金西計英, 矢野米雄: “SNS的手法を用いたランニング支援システム”, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, pp.463-464, 大阪, 2006年11月.
  51. 金西計英, 後藤田中, 松浦健二, 光原弘幸, 矢野米雄: “LifeLogを利用した癒しのコミュニティ空間に関する研究”, FIT2004大会講演論文集, pp.489-490, 京都, 2004年9月.

国内での研究会報告 (一部査読有)

  1. 中川晋平, 奥田浩斗, 後藤田中, 林敏浩: “自転車ドライバのための交通安全教育アプリ “ポケットポリス” -運用実験結果の分析-”, 教育システム情報学会研究報告, Vol.31, No.3, pp.1-6, 香川, 2016年10月.
  2. 石岡匠也, 後藤田中, 松浦健二, カルンガルステファン, 八重樫理人, 林敏浩, 藤本憲市, 村井礼: “選択的フィードバックによる個人の運動学習支援”, 教育システム情報学会研究報告, Vol.31, No.3, pp.11-14, 香川, 2016年10月.
  3. 山本貴裕, 後藤田中, 石岡匠也, 國枝孝之, 村田淳, 神代大輔, 小林雄志, 設楽佳世, 松浦健二, 八重樫理人, 林敏浩, 藤本憲市, 村井 礼: “多視点動画教材の視聴視点切替え提案による技能研修支援システム”, 教育システム情報学会研究報告, Vol.31, No.3, pp.15-18, 香川, 2016年10月.
  4. 石岡匠也, 後藤田中, 小林雄志, 松浦健二, 八重樫理人, 林敏浩: “個別の実践環境の違いを考慮した運動教育のe-Learningフレームワークの提案”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.115, No.492, pp.199-204, 香川, 2016年3月.
  5. 山本貴裕, 後藤田中, 小林雄志, 松浦健二, 八重樫理人, 林敏浩: “フィットネス測定スキルの養成を支援するCMSの提案”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.115, No.492, pp.211-214, 香川, 2016年3月.
  6. 高田良介, 後藤田中, 藤本憲市, 村井礼, 林敏浩, 八重樫理人: “講義コンテンツを用いた学習における視聴履歴取得機能および学習分析機能の提案”, 日本教育工学会研究会研究報告集, Vol.15, No.5, pp.103-108, 新潟, 2015年12月.
  7. 林敏浩, 後藤田中, 八重樫理人, 村井礼, 垂水浩幸: “作問過程を活用した学習者の知識の推定と教授”, 教育システム情報学会研究報告, Vol.30, No.3, pp.9-14, 静岡, 2015年9月.
  8. 中川晋平, 後藤田中, 林敏浩: “自転車ドライバーのための交通安全教育アプリ ポケットポリスのシステム設計”, 教育システム情報学会研究報告, Vol.30, No.3, pp.15-18, 静岡, 2015年9月.
  9. 岸本卓也, 後藤田中, 林敏浩: “シューティングゲーム開発を通して学ぶプログラミング”, ゲーム学会第13回合同研究会研究報告, pp.1-6, 大阪, 2015年9月.
  10. 村井礼,林敏浩,藤本憲市,八重樫理人,後藤田中: “知財の導入教育におけるクイズの活用と理解度判断のための問題の類型化”, ゲーム学会第13回合同研究会研究報告, pp.15-18, 大阪, 2015年9月.
  11. 林敏浩, 後藤田中, 八重樫理人, 藤本憲市, 村井礼: “学習進捗の状況把握を増幅するための学習者モデルの可視化”, ゲーム学会第13回合同研究会研究報告, pp.39-43, 大阪, 2015年9月.
  12. 中井裕己, 後藤田中, 垂水浩幸, 林敏浩:  “教育ゲームの開発における手法の調査”, ゲーム学会第13回合同研究会研究報告, pp.44-46, 大阪, 2015年9月.
  13. 中川晋平, 後藤田中, 林敏浩:  “自転車ドライバーのための交通安全教育アプリポケットポリスのインターフェース設計”, 電子情報通信学会技術研究報告, pp.29-32, 岡山, 2015年9月.
  14. 平井裕史, 今井惇平, 中川晋平, 裏和宏, 後藤田中, 八重樫理人, 村井礼, 市野順子, 垂水浩幸, 林敏浩:  “投稿型自主学習素材共有システムにおける学習時間を考慮した問題出題手法”, 電子情報通信学会技術研究報告, pp.13-18, 岡山, 2015年9月.
  15. 松浦健二, 森口博基, 金西計英, 乾博文, 後藤田中: “コミュニティ内での身体スキル訓練方法に関する一考察”, 教育システム情報学会研究報告, Vol.27, No.7, pp.21-26, 山口, 2013年3月.(査読有)
  16. 後藤田中, 松浦健二, 田中俊夫: “ランナーの動きに基づき仮想協走者を提供するウェアラブルシステム”, 教育システム情報学会研究報告, Vol.27, No.7, pp.5-12, 山口, 2013年3月.(査読有)
  17. 森下孟, 國宗永佳, 園生遥, 牛込翔平, 寺門卓馬, 三浦鉱輝, 岩下直矢, 後藤田中, 野上裕介, 田中淳也, 北原一憲, 三宅康介: “第23回教育システム若手の会報告 −利用者の立場から教育システムをソウゾウしよう!−”, 第67回工知能学会第一種研究会 先進的学習科学と工学研究会予稿集, SIG-ALST-B203-04, pp.17-22, 高知, 2013年3月.
  18. 平野卓次, 後藤田中, 松浦健二, 大塚真二, 田中俊夫, 矢野米雄: “ランナーのフォームに基づく仮想競争デバイスの開発”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.110, No.453, pp.311-316, 徳島, 2011年3月.
  19. 後藤田中, 松浦健二, 平野卓次, 田中俊夫, 矢野米雄: “身体動作に基づく仮想競走のリアルタイム訓練支援システム”, 第8回工知能学会第二種研究会 身体知研究会予稿集, SIG-SKL-08-01, pp.1-6, 東京, 2010年12月.
  20. 後藤田中, 松浦健二, 大塚真二, 鍋島豊晶, 金西計英, 田中俊夫, 矢野米雄: “ジョギングにおける自己調整を支援するオンラインコミュニティ環境”, 教育システム情報学会研究報告, Vol.24, No.7, pp.72-77, 奈良, 2010年3月.(査読有)
  21. 鍋島豊晶, 松浦健二, 後藤田中, 上田哲史, 矢野米雄: “多様な運動者コミュニティを対象としたスキルバンクのデザイン”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.109, No.453, pp.59-64, 高知, 2010年3月.
  22. 中田一平, 松浦健二, 後藤田中, 上田哲史, 矢野米雄:“オンライン論文レビューを支援するコミュニティ環境の構築”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.109, No.453, pp.65-70, 高知, 2010年3月.
  23. 中田一平, 後藤田中, 松浦健二, 金西計英, 矢野米雄:“SNS上のオンライン論文レビュー支援環境の設計・開発”, 教育システム情報学会研究報告, Vol.24, No.1, pp.34-37, 東京, 2009年5月.
  24. 松浦健二, 後藤田中, 鍋島豊晶, 金西計英, 矢野米雄: “ランニング集団をリアルタイムに支援するシステムの開発”, 教育システム情報学会研究報告, Vol.23, No.5, pp.70-77, 東京, 2009年1月.
  25. 鍋島豊晶, 後藤田中, 松浦健二, 金西計英, 矢野米雄:“縄跳びを例とした身体スキル開発用SNS支援環境の設計と開発”, 教育システム情報学会研究報告, Vol.23, No.5, pp.100-105, 東京, 2009年1月.
  26. 後藤田中, 松浦健二, 金西計英, 矢野米雄: “活動履歴に基づくランニング動機付けの支援”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.107, No.536, pp.65-68, 徳島, 2008年3月.
  27. 仁木啓司, 松浦健二, 後藤田中, 金西計英, 矢野米雄:“スライド教材のカスタマイズ環境を用いた教員・学習者支援研究, — パワーポイントのレポートを用いた支援例 —”, 電子情報通信学会技術研究報告, Vol.106, No.583, pp.139-144, 高知, 2007年3月.

その他寄稿 (査読無)

  1. 後藤田中“読者の声「スポーツにおける教育システム」”, 教育システム情報学会論文誌, Vol.30, No.4, pp.258-259, 2013年10月.

学位論文 (査読有)

  1. 後藤田中, センサを用いたランナー訓練コミュニティ環境の研究, 博士(工学), 甲先第70号, 徳島大学大学院 先端技術科学教育部 システム創生工学専攻 知能情報システム工学コース, 2010年9月.
  2. 後藤田中, 運動ログに基づくランニングコミュニティの支援環境, 修士, 徳島大学大学院 先端技術科学教育部 システム創生工学専攻 知能情報システム工学コース, 2008年3月.
  3. 後藤田中, 携帯メールを用いたリフレクティブ学習支援環境の構築, 学士, 徳島大学 工学部 知能情報工学科, 2006年3月.

共同研究・受託研究

  1. ダイヤ工業株式会社 「空気圧ゴム人工筋を搭載した歩行用パワーアシストウェアの研究開発 -パワーアシストウェア評価手法の検討-」(研究代表者:後藤田中), 2015年12月-2016年11月.
  2. 国立スポーツ科学センター スポーツ医・科学研究事業 課題研究, 「発育に伴う打撃技術の獲得と能力を引き出す最適バットの提案」(研究代表者:城所 収二/研究分担者:後藤田 中 ほか), 2015年5月-2016年3月.
  3. 国立スポーツ科学センターと早稲田大学における包括的医科学研究,「ランニング時における足部変形様式の解明」(研究代表者:秋山 圭/研究分担者:後藤田 中 ほか), 2012年6月-2013年3月.

外部資金獲得

  1. 共同研究経費:株式会社リコ―「講義コンテンツを用いた学習における学習履歴取得機能と学習分析機能に関する研究」(研究分担者), 2016年8月-2017年7月(27万円).
  2. 共同研究経費:株式会社リコ―「画像認識処理技術とクラウド情報処技術を活用した情報システムに関する研究」(研究分担者), 2016年8月-2017年7月(54万円).
  3. 共同研究経費:株式会社リコ―「技能(スキル)養成支援システム 共同研究」(研究代表者), 2016年8月-2017年7月(5万円).
  4. 科研費:(独)日本学術振興会 科学研究費補助金 若手研究(B)16H03089, 「選択的知覚に基づくスキル学習支援システムの開発
    研究課題」(研究代表者), 2016年4月-2019年3月(300万円).
  5. 科研費:(独)日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(B)16H03089, 「身体動作の描写に基づいた意識の言語化支援と身体スキル獲得のための意識ベースの構築」(研究分担者), 2016年4月-2019年3月(1360万円).
  6. 共同研究経費:ダイヤ工業株式会社 「空気圧ゴム人工筋を搭載した歩行用パワーアシストウェアの研究開発 -パワーアシストウェア評価手法の検討-」(研究代表者), 2015年12月-2016年11月(30万円).
  7. 科研費:(独)日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C)15K01072, 「反復運動スキルを対象とした熟達化支援」(研究分担者), 2015年4月-2018年3月(360万円).
  8. 科研費:(独)日本学術振興会 科学研究費補助金 若手研究(B)25750097, 「アバターによるフィードバックを用いた運動学習システムの開発」(研究代表者), 2013年4月-2016年3月 (320万円).
  9. 研究助成:(財)中島記念国際交流財団 日本人若手研究者研究助成金, 「音刺激に基づくバイオフィードバックを利用した身体動作誘導システム開発に関する研究」(研究代表者), 2012年4月-2013年3月 (350万円).
  10. 研究助成:(財)ミズノスポーツ振興財団 スポーツに関する科学的・学術的・医学的研究に対する助成(国立スポーツ科学センターに対する助成), 「さまざまなスポーツ場面に適した画像による選手の自動追跡アプリケーションの構築」(研究代表者:宮地力/研究分担者:後藤田ほか), 2012年4月-2013年3月 (100万円).
  11. 科研費:(独)日本学術振興会 科学研究費補助金, 特別研究員奨励費No. 22.10013, 「身体知の獲得・開発を支援する学習環境に関する研究」(研究代表者), 2010年4月-2012年3月 (140万円).
  12. 海外渡航助成:ドイツ学術交流会 DAAD(Deutscher Akademischer Austausch Dienst)  (Travel Grant for PhD Summer Academy 2009), Jul-Aug 2009 (1,500EUR).
  13. 奨学給付金:日亜化学工業株式会社 奨学寄付金, 日亜特別待遇奨学生給付金, 2006年4月-2008年3月 (240万円).

所内(学内)研究助成

  1. 国立スポーツ科学センター スポーツ医・科学研究事業 課題研究, 「シンスプリント再発予防への提案 -インソールとサポーターの効果-」(研究代表者:秋山 圭/研究分担者:後藤田 中ほか) , 2014年4月-2015年3月.
  2. 国立スポーツ科学センター スポーツ医・科学研究事業 課題研究, 「シンスプリント発生機序解明への示唆」(研究代表者:秋山 圭/研究分担者:後藤田 中ほか) , 2013年4月-2014年3月.
  3. 国立スポーツ科学センター スポーツ医・科学研究事業 基盤研究,「映像・センサーを利用した即時フィードバックシステムの開発」(研究代表者:宮地 力/研究分担者:後藤田 中 ほか), 2013年4月-2015年3月.
  4. 国立スポーツ科学センター スポーツ医・科学研究事業 プロジェクト研究『練習のためのカメラシステムの開発』, 「映像を利用したトレーニングアシストシステムの開発」(研究代表者:宮地 力/研究分担者:後藤田 中 ほか), 2012年4月-2013年3月.

研究資金・実験協力の面で,それぞれ御支援いただきました財団・機関,団体・個人の皆様に深く感謝申し上げます.本当にありがとうございます.

コメントは停止中です。